ブログ

先駆者

一般社団法人日本セーフティーカヌーイング協会(略称jsca)の理事である青木さんが石垣島にご来島くださいました。

株式会社アオキカヌーワークスの代表である青木勇さんは、1970年設立から今日まで日本のカヤック・カヌーを第一線で支えてきた方です。

日本にまだカヤック・カヌーが認知されていなかった時代にドイツから輸入販売を行い、1980年代には「ラフティング」四国・吉野川の大歩危/小歩危で日本初のコマーシャル・ラフティングのツアーをスタートさせ、今日全国で華盛りのコマーシャル・ラフティングの基礎を築きました。

今回の石垣島へのご来島で、ちゅらちゅらのツアーを催行しているフィールドの視察とアドバイス、ツアーを今後も安全・安心に行うための情報や雑談を3日間に渡り、楽しく真剣に教えて頂きました。

これを機に石垣島ならびに八重山でのアウトドアイベントのきっかけになればと思います。

石垣島はまだまだ観光や事業での将来に大きな期待があります。

色々な視点からアウトドアの活動やインドアのイベントなど様々な角度から八重山に貢献できればと思います。

ちゅらちゅらでは現在はカヤックやSUP、シュノーケリングといったものしかありませんが、今後はカヤック・SUPを含め、それ以外にも視野を広げていけたらと思います。

楽しく・安全に最高の思い出をご来島くださったお客様と一緒に作り上げていこうと頑張ります。

石垣島でカヤック・サップをするなら是非「ちゅらちゅら」をご利用ください☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です